京つう

  キレイ/健康  |  下京区

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2017年09月27日

サルサダンス上達への道① ターンの種類を理解しよう




ライトターン、レフトターン、ハーフターン、フックターン、インサイドターン、アウトサイドターン…

このターンの名前を見てパッと浮かんだ方は上達への道を進んでおられます

サルサダンスはステップダンスですから大体が三歩(回転数が増えたら歩数も増える)で右や左や進みながらやその場でとターンをし、その中でリーダーが男女合わせて4本の手、時には肩や身体も利用しながら様々なペアワークをします。

またサルサダンスの特筆すべきところは即興性でしょう。ソロダンスではストリートダンスやタップなどで良く音楽に合わせて即興性のあるものが面白いとされますが、数あるペアダンスの中でもサルサはスピード感の中で即興で数々の技を入れて魅せれるダンスでは一番ではないかなと思います。
私もサルサを始めたころ、なんでこれだけのことが打ち合わせや振り付けでなく出来るのかが一番驚いたのを思い出します。

私が思うに先ずは複雑な手を覚えていくよりターンの種類を理解することが大事。
男性もね。実際は女性が受け持つターンの種類でもそれをリードするのは男性ですからね。
もちろん女性はしっかりと出来るだけ正確に理解していくと後々応用がたくさん効いてきますのでぜひ、早いうちに頑張ってマスターしましょう。

スタジオのレッスンでは入門、初期の段階でベーシックステップに加えターンの種類をマスターしていただけるようにカリキュラムしています。

何度も繰り返し塗り直すことでよりクオリティの高いターンが出来るようになります。
回るのが多いサルサダンス、ちゃんと理解すれば怖くない。
ターン上手になればサルサダンスがより楽しくなりますよ。


  


Posted by HOTARU  at 13:07Comments(0)

2017年09月25日

サルサ音楽を料理するための魔法の言葉




朝のレッスンでは久しぶりの音楽的なレッスン。
実際にサルサ場でソーシャルにサルサを踊るにあたりぶつかること、それは音楽は聞こえているけどリズムが取りづらい。途中で難しくなる。

そんな悩めるみなさんをお助けする魔法の言葉のレッスンでした(^o^)/

レッスンではカウントを先生が取りそれに合わせて踊るのであまり不安はないけれど実際は自ら音楽を聴きとりノリをつかまえて相手もリードしてとなかなか大変な事態ですよね。

男性はもちろん女性もこれがしっかりできたらフォロー上手になります。

6級の検定もステップは簡単ですが音楽のお話も入れてレッスンしています。

スタジオのレッスンでもこのように時にふれて音楽のレッスンが入ってきますので、その折にはぜひしっかりと吸収して下さいね。

今日のレッスンでも触れましたが一回でわかることではなく体内に吸収され染み渡るようになればもう怖いもの無しですよ。

  


Posted by HOTARU  at 13:30Comments(0)

2017年09月11日

東京遠征しました



ただいま、新幹線で帰ります。山の手線が途中で止まり少々焦りましたが…

今年もジュニアのメンバーとジャパンカップに出場するため東京遠征しました。

3人ともいろいろなプレッシャーを感じながら長い時間を乗り越えパフォーマンスに集中できて満足しています。
結果はソロかジェイドが1位瑠奈が2位でした。
同じスタジオで練習している者同士で順位が決まるのでなかなか本人たちも心中に葛藤があるとは思いますが、お互いに認めあい練習に励んできました。良いライバルです。

ペアの方は前回より点数が上がりました。
こうちゃんもずいぶんとしっかりとして出るたびに成長しています。
他の先生がからもリードのためのたくさんのアドバイスをいただきました。
前回やラテンダンスコンペティションを見ていただきました審査員の先生や新たな審査員の先生方からたくさんのフィードバックをいただきましたので今後の練習の糧になる収穫がたくさんありました。

まだまだ先の長い3人にたくさんの先生方が見守ってくださりとても嬉しい事で期待に応えるように頑張っていきます。
ありがとうございました。



また今回は前乗りしてサルサ協会の新しいプロジェクトのドリームチームの振り付けレッスンにも参加させていただきました。


小さな頃からいつか大きくなっていろいろなジャンルや先生に習う機会やオーディションなどで即呑み込み踊れるようにと思い育ててきてこういう機会でしっかりとレッスンを受け身に付けて帰る事が出来るくらいにたくましく成長してくれた事が私的にはとても嬉しい機会でした。






  


Posted by HOTARU  at 14:26Comments(1)